奨学金が返済できなければ自己破産?

現在では大学生の5割以上が「奨学金制度」を利用しています。その理由の多くは学費の負担です。

サラリーマンの平均年収である約400万円に対して、大学の初年度の学費は国公立大学で約80万円、私立大学文系で約120万円、私立大学理系では約160万円にもなっています。

そして、4年間で支払う入学金や学費、施設費、実習費などの合計額は国公立大学で約250万円、私立大学文系で約390万円、私立大学理系で約520万円です。

しかも、この金額は学費だけの金額であり、通学費や書籍費などは含まれていません。長引く景気の低迷によって収入の伸びない家庭において、家計の中からそれだけの費用を捻出できないことが、利用者の増加している背景になっています。

奨学金は卒業後に返済していくことになりますが、近年、返済ができずに困窮する若者が急増しています。

奨学金制度とは?

奨学金制度は日本学生支援機構が実施している制度で、高校や大学、大学院などへの進学を希望する人からの申請によって学費を貸し付けるものです。

奨学金には特に優れた学生を対象に無利息で貸与される第一種奨学金と、第一種よりも貸出基準を緩やかにし、金利を付けて貸与される第二種奨学金の2種類があります。

貸付月額(第一種)

・私立大学へ自宅外から通学:3万円か6万4,000円
・私立大学へ自宅通学:3万円か5万4,000円
・国公立大学へ自宅外から通学:3万円か5万1,000円
・国公立大学へ自宅通学:3万円か4万5,000円

貸付月額(第二種)

私立、国公立大学に関わらず、3万円・5万円・8万円・10万円・12万円の中から選択

仮に、自宅外から私立大学へ通学した4年間を第二種奨学金制度で借り入れた場合、借入総額は307万2,000円(月額6万4,000円)になります。

そして、この金額だと返済は月額1万4,222円の18年均等払いです。

大学の卒業後、すぐに定職に就ければいいのですが、就けなければ即負担がのしかかります。無事に就職できたとしても、新卒の平均給与は20万円程度なので、月1万4,000円の返済は楽とは言えません。

仮に、奨学金の返済が滞ると、年10%の延滞金が課せられます。

なお、日本学生支援機構は全国銀行個人信用情報センターに加盟していることから、滞納が3ケ月続くと信用情報センターにブラックリストとして名前が登録されるため、以後どの金融業者からもクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

つまり、消費者金融から借金をしているのと全く変わらないということです。現在、奨学金の滞納者は約30万人いますが、その内の1万人がブラックリストに掲載されており、中には、自己破産をした事例もあります。

返済が厳しい人には返済猶予のシステムもありますが、全額返済しなければならないことに変わりはありません。「卒業すれば返済できる」などと安易に考えないことが肝心です。